【無限】ふんどし部の1周年記念パーティーは圧倒的に無限でしたっ!

fundoshi-annual-party-2017-1

圧倒的に搾取しないエンジニア派遣なら

世界一搾取しないエンジニア派遣会社「リツアンSTC」

 

こんにちは。

ふんどしやさしいマンです。

fundoshigentleman-dark-rstc

だいぶ昔のような気もしますが、先日(6月25日)、弊社の1周年を記念したイベントを開催しました。
(正確には1周年プラス1ヶ月引く3日)

ふんどしが好きすぎてノリで起業した弊社も、ついに創業1年を迎えました。

世のスタートアップの大半が潰れる中で、ふんどしだけで1年もったということ自体が奇跡です。

これからも「Going Concern」を経営理念に頑張っていこうと思います。

 

この1周年イベントがわりかし無限だったので、そのレポートをさせていただきます。

あまりに無限すぎて報告を忘れていたぐらいですが、2ヶ月の時を経た今、その何が無限だったのか、しゃなりしゃなりとレポさせていただこうと思います。

 

 

無限その①:参加者の数が無限。

 

まず第一に何が無限だったかというと、参加者の多さが無限でした。

写真をご覧になればわかる通り、想定の範囲外の数のお客さんがお越し下さりました。

fundoshi-annual-party-2017-1

たくさんの方にお祝いに来ていただいたことは非常に嬉しかったのですが、20人くらいを想定していたところに5、60人がお越し下さったので、狭くてむさ苦しい限られたスペースの中で食事を奪い合うという状況になりました。

あまりに混み合っていたので、僕は、

「人口密度たっかっ!ここは日本かよ! …あ、東京都渋谷区だった((´>ω∂`)テヘペロ☆)」

と、めちゃくちゃ面白いことを呟きながら、人ごみの中で「人多すぎ、うぜ〜」と愚痴こぼす当時3歳だった僕に『あなたもその人ごみの一員であり、一因なのよ』と諭す、遠い夏の日の母の姿を思い浮かべていました。

というわけで、一つ目の無限さは、圧倒的人の多さでした。

存在の耐えられない軽さ。

 

無限その②:ふんどしみさきウーマンの生歌が無限

 

当日初めてお目にかかった人も多いであろう、弊社の新入部員の「ふんどしみさきウーマン」。

fundoshi-gelatopique-flower

音楽好きで知られる彼女ですが、当日のBGM用に、なんとあの大ヒット映画主題歌、
「じぇんじぇんじぇんシェー!」のアコースティックバージョンを歌って収録してきてくれました。

彼女の歌声にスライドショーをつけた謎のPVを作成したので、ぜひご覧ください。

ね、無限だったでしょうー?

 

 

無限その③:ケーキの可愛さが無限。

 

ここで大分トーンダウンしますが、友人がサプライズで用意してくれたケーキが可愛すぎました。

fundoshi-annual-party-2017-17 fundoshi-annual-party-2017-19

 

 

うん、可愛さが無限。

神々の黄昏。

おじいちゃんのうたた寝。

 

fundoshi-annual-party-2017-20

 

 

無限その④:代表星野の友達のいなさが無限。

 

会社の取締役であってふんどしやさしいマンでもある僕はやさしいので、いつもお世話になっている代表取締役の星野の誕生日プレゼントに、「寄せ書き入りのふんどし」をプレゼントしてあげました。

fundoshi-annual-party-2017-18

ですが寄せ書きをお願いしようにも、彼の友達が少なすぎたのか僕が準備に取り掛かったのが1日前だったからか、スキマだらけの寄せ書きになってしまいました。

みなさん人望は身につけましょうね。

 

無限その⑤:ふんどし脱ぎ選手権の盛り上がりが無限!

 

恒例の「全日本ふんどし脱ぎ選手権大会」

やはりきわめつけはこれですね。

このイベントで最も無限なコンテンツでした。

 

今回は審査員からして豪華で、東大の先輩で元マッキンゼーで今はパンツメーカーの社長をやっている大先輩の枡野さんを始め、無限に資産を運用するフィナンシャルプランナーのO氏、世界一のゲイであるK氏など、第一線で活躍する優秀なビジネスパーソンの方々が審査員としてご来賓くださりました。

fundoshi-annual-party-2017-21

マッキンゼー流にふんどしの脱ぎ方をコンサルしてくださる枡野さん

 

今回も「ふんどし早脱ぎ競争」「ふんどし脱ぎ技披露宴」の2種目で執り行いました。

まずは「ふんどし早脱ぎ競争」から。

この種目は、定位置からいかに早くふんどしが脱げるか、という俊敏さを競う競技です。

 

例に漏れず僕が脱ぎ方のお手本を見せてから・・・

fundoshi-annual-party-2017-2 fundoshi-annual-party-2017-3

 

 

位置について、よーい・・・

fundoshi-annual-party-2017-4

スタート!

 

fundoshi-annual-party-2017-5

ズバン!

と勝敗が決まります。

 

ちなみに、僕は王者枠としていつも決勝から参加なのですが、仙台から来た謎の青年に敗れ、決勝戦で初戦敗退してしまいました。

fundoshi-annual-party-2017-7

ちなみにこのシステムで優勝したことがありません。

王者枠の撤廃を求めます。

 

 

早脱ぎ競争の後は、「ふんどし脱ぎ技披露宴」です。

こちらの種目は、脱ぐ「早さ」ではなく、その美しさや面白さ、3次元的構成力を競うものです。

数々のお客さんが見守るなか技を披露する一本勝負なので、独特の緊張感があります。

fundoshi-annual-party-2017-11 fundoshi-annual-party-2017-6

 

今回も競技者から様々な技が飛び出しました。

fundoshi-annual-party-2017-9 fundoshi-annual-party-2017-12 fundoshi-annual-party-2017-13 fundoshi-annual-party-2017-14

 

結論から言いますと、僕はまた決勝で初戦敗退してしまいました。

引き分けで延長戦にもつれ込むという善戦でしたが、またもや先ほどの仙台から来た謎の青年Hに負けてしまいました。

 

おそらくその場で5秒で編み出したであろう、彼の奇跡の脱ぎ技の数々を、鼻の穴をかっぽじってしかとご覧ください。

 

彼の驚きの技に、会場は大盛り上がり!

fundoshi-annual-party-2017-10

全米が泣きました・・・。

日本人が「君の名は。」で泣いていたその舞台裏では、ふんどし脱ぎにおける伝説が生まれていたのでした。

fundoshi-annual-party-2017-8 fundoshi-annual-party-2017-14

あ、ちなみに本家の「ふんどしの脱ぎ方」はこちらから見てね〜。

 

 

と、いうわけで、大盛況無限インフィニティに終わったふんどし部1周年記念パーティー!

お越し下さった皆さん、ありがとうございました!

fundoshi-annual-party-2017-16

来年はもっと人増えるだろうから、武道館かぶどう園でやりたいな☆

 

ふんどし部を気に入ってくださったあなたはぜひこちらからふんどし買ってくださいね!

fundoshibu-online-store-top-new-compressed

クリックでオンラインストアへ

 

それでは、夏はふんどし穿いてね!

アディオス!

搾取してみたシリーズ

愛されるダメ人間からいろいろ搾取したお話

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA