ふんどし部インターン生、てらだみきです。何だかんだ初登場のふんどし地球少年と無人島を満喫してきたよ。

Makuakeにてクラウドファンディングに挑戦中!

はじめまして!

このたび見習いライターとしてふんどし地球少年 の活動記録を書かせていただくことになったてらだみきです!

S__8101930のコピー

盛れてる自撮りin西表島

 

 

時は遡ることひと月。

私は、新宿の某お洒落なレストランバーにてふんどし姿の二人のふんどしマンと対峙していました。

ライター採用のふんどし面接です。

fundoshibu-intern-interview

ふんどしやさしいマンと、ふんどし地球少年。

二人の初対面のふんどしマンと、激うまアンチョビポテトを食べながら、地球少年におもむろに誘われ、

地球少年「この週末空いてる?」

てらだ「空いてます」

地球少年「式根島に行くけどくる?」

てらだ「行きます!」

と二つ返事で参加を決め、三週間後には早朝のジェット船に揺られ式根島へ行くことに!笑

 

 

今回はそのふんどし野生活動報告です。

 

まずは、改めてご紹介します!

仲間になりたそうなふんどしマン

私てらだみきではなく、彼の紹介です!

ふんどし一枚身につけて、山・海・川を駆け巡る、地球とふんどしあればいい。
自然をこよなく愛するふんどしマン、ふんどし地球少年こと篠原裕太です!

とりわけ彼の昆虫愛は一言では語り尽くせるものではなく、ふんどし姿での昆虫採集、飼育に留まらず、食料としての昆虫研究にも情熱を注いでいます。

物腰のやわらかな印象とは裏腹に、地球を相手に全身全霊、やりたいことにぶつかっていく凄まじいパワーの持ち主です!
写真を見れば一目瞭然ですね。

 

私てらだについても紹介させていただくと、

4543170203916 4543169610890

今をときめく女の子です!(笑)

面白い!ヤバい!と思うものにすぐに飛びついてしまいがちで、気がついたら洞窟に潜ったり、西表島でヤシガニを探して数週間野宿とか焚き火で生活してたり(しかもこの時はバレンタインだった)、ふんどし部のライターになってたりする、現在進路未定の美大四年生です。

不安(を感じる能力)はありません。

 一応言っておきますが、美大生だからといってみんながみんな就職しないわけでも、ふんどしに食いついたりするわけでもありません。

スーツを着て面接したり、アトリエで作品を作ったり、パソコンでデザインしたりしています。
私も良い出会いが会ったら職に就きたいです。

理想の高い婚活者のようなスタンスですね。

 

 

 

そんなこんなで、二泊三日の弾丸・式根島・ふんどし野生活動の模様です!

 

 

 

going-to-shikinejima

竹芝桟橋からジェット船で約3時間、地球少年の庭こと式根島。

伊豆七島の一つで温泉とくさやがあります。

他にも色々あるのでHPを見て下さい!

案外お洒落です。

式根島観光協会サイト

shikinejima-top

 

金曜の朝早く、地球少年とそのアウトドア仲間、そして私を含めた計7人は、泣きそうになるくらいギリギリでジェット船に乗り込みました。
一人の甚だしい遅刻によるものです。

まあそれも水に流せるほど私たちをハッピーにしたのは、式根島観光協会理事長さんから届いたジェット船チケットの株主優待券……!!
とってもお安く船に乗れました!

というのも、以前地球少年が式根島で嵐に遭った際に泊めてくれたのが偶然、理事長ご夫婦で、それから良くしていただいているそう。
これだけでも式根島がどんなにあたたかい人たちの島か思い知ります!

 

 

 

 

船が着く前から地球少年は「天気よすぎ!はやく海入りたい~~!」と我慢ならない様子。

いつ船から海に飛び込むかとハラハラしました。

わりとガチで。

 

 

 

 

 

船に乗ること約3時間、ついに式根島に到着!

IMGP4337

ふんどしとママチャリがこれほど相性が良いとは……

レンタサイクルに乗って休む間もなく海へ出動です!

都会と比べて島の人はみなさん、なんでもないように和やかな目でふんどしマンを見守ります。(当社比)

 

 

IMGP4344_0

青い海、赤いふんどし

浮き袋に空気を入れおわるまで我慢できず海に走ります。

やっぱりふんどしには海が一番ですね!
あれ?海にはふんどしが一番ですね!かな?

というか海以外でもとりあえずふんどしが一番です!

 

この夏はあなたもふんどしでビーチギャルの目線を釘付けにされてはいかがですか?

ビーチギャル以外の全ての人の目線ももれなく釘付けに。

 

 

海で魚を探し自然にかえること数時間・・・・ここら辺は楽しすぎて、自然を満喫しすぎて写真撮ってません。

 

 

 

そしてもう夕方。

綺麗な海だけではない式根島のもうひとつの魅力、天然温泉!!

どんな温泉かというと…

 

 

温泉卵を設置

温泉卵を設置

野趣あふれる地鉈(じなた)温泉!

ほぼ海辺の岩場じゃん!

 

小学生だったら絶対あれって言うやつ

小学生だったら絶対あれって言うやつ

ぬるい生卵ができました!

ぬるい生卵ができました!

あったかい!なんかすごいぬるっぬるするけど!

きもちいい~!茶色いけど!

うわぁ波でたまに冷たい海水入ってくるぅ~~!

 

 

体も温まり、温泉とぬるい生卵を楽しんだあとは、身だしなみを整えて理事長ご夫婦のお宅に挨拶へ向かいます。
お二人はふんどしやさしいマンばりに優しすぎて、おやつやら飲み物をどんどんだしてくださるのですが、今回は野生活動が軸なのでこれ以上甘える訳にはいきませんね。

キャンプ場に戻って野宿です。

 

 

 

ちなみに、 地球少年は最高に蚊に刺されてました笑。

本来の一地球生命体に戻れる、それもふんどしの魅力ですね!

 

 

 

二日目は早起きして展望台へ!

海も空も広すぎ、晴れすぎ!てかふんどしじゃねえ!

地球少年はこの広い海の向こうの広い世界をふんどしが席巻する未来を見ているのでしょうか。

はたまた、昨日の温泉の成分で、愛用のふんどしが着れなくなったことを悲しんでいるのでしょうか。

知らないけど。

 

向こうに望むのは伊豆七島

向こうに望むのは伊豆七島

あれ?もしかして死んだかな?来ちゃったかな天国?
とガチで思った絶景。

初めてふんどしを履いたような気持ちよさです。

みなさんさっさと式根島に行った方が良いということがそろそろ分かってきたのではないでしょうか。

 

 

 

まだまだ元気を持て余した地球少年と仲間達は、式根島一砂浜を誇る美しいビーチ、泊海岸へ。

プライベートふんどしビーチ

プライベートふんどしビーチ

地球少年は新しいふんどしを穿いて魚獲りに。

 

 

随分長いこと海から戻ってこないのでとうとう地球少年も海に還ったかなと一瞬思いましたが、ちゃんと戻ってきました。

ウツボを追いかけていたそう。ウツボをとらないと帰れない!と意気込みます。

素手で頑張っているようです。獲れるといいね。

 

ふんどしお昼寝マン

ふんどしお昼寝マン

ウツボとの格闘に疲れた後はお昼寝、と思いきやまだ10時くらいです。

島ではのんびり時間が流れますが地球少年は朝から晩までママチャリで島じゅうを駆け抜けます。
もちろんふんどし姿で。

 

 

美味しいあげパンを買いに商店に立ち寄るふんどしマン

美味しいあげパンを買いに商店に立ち寄るふんどしマン

島にいくつかある商店はどこもふんどしOKのようです。
というかふんどしに反応する人が少なくてすでに全員見慣れてしまった感すらあります。

地球少年があまりにも自然に穿きこなしているからか、私もだんだん、ふんどし?そうだけど何?みたいな気持ちになってきました。式根島のパワーでしょうか。

 

 

そしてお昼に理事長ご夫婦のお宅におじゃますると…

ふんどし焼きそばサーバーマン

ふんどし焼きそばサーバーマン

お庭でイカ焼きそばをいただきました!甘えしかないわ~!でも最高だったのでこの際あきらめよう!

そしてこの時期は桟橋からたくさんイカが釣れるそうで、ご夫婦宅の冷凍庫は釣ったイカでいっぱいだそう。

 

 

 

 

午後は、先ほどのビーチとは場所を変えて、モリを突ける湾へ向かいます!

今度こそウツボとるぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふんどしウツボ鷲掴みマン

ふんどしウツボ鷲掴みマン

サクッと捕ってきた~!!ウツボもまさかふんどしマンに捕まるとは思いもしなかったでしょう。

でもウツボもどこか嬉しそう。

ウツボの皮を剥ぐふんどしマン

ウツボの皮を剥ぐふんどしマン

取った後は、食べるのが野生の掟。

地球少年の表情も野生にもどっていますね。怖すぎ。

ウツボは下処理をして、唐揚げと丸焼きにしていきます。

 

 

 

命に感謝

命に感謝

ゴクリ……果たしてウツボは美味しいのだろうか…?

 

 

ウツボのうまさに感動するスーパーマン

ウツボのうまさに感動するスーパーマン

どひゃ~~!!めっちゃくちゃうまい!!!

身が多くてクセもなく、やわらかいです!

居酒屋はウツボの唐揚げをメニューに加えるべき!

なんでウツボ流通してないんだ!

捕まえるのと処理がものすごく大変だからだよ!!

 

 

海水温泉なので実際日焼けや虫刺されがしみまくり

海水温泉なので実際日焼けや虫刺されがしみまくり

式根島最後の夜は、松が下雅湯でみんな揃ってほっこり。

初日の地鉈温泉とはまた違って、更衣室や足湯が整備されています。

ふんどしマンたちはくつろぎすぎてふんどしすら脱ぎ捨てていました。もはや何マンでもないマン。

 

みんなで夜中に、海が見えるお風呂に浸かって疲れを癒す、良い夜!

都会じゃこんな思い出はそうそうできないです、絶対また式根島に来るぞ!って語り合ったのでした。

 

 

 

 

 

20160619_0

理事長さんありがとうございました

最終日の昼には再びジェット船で竹芝桟橋へ。

私たちを心配してあまりにも良くして下さった理事長さんご夫妻!
日本一あたたかくふんどしマンを受け入れてくれた島のみなさん!
式根島に誘ってくれた地球少年!
初対面とか全然関係ない楽しい活動にしてくれたみんな!
あととりあえず世界中のふんどしマンたち!
みんなありがとうございました!

 

 

 

ふんどし部をこれからもよろしくおねがいします

ふんどし部をこれからもよろしくおねがいします

そんなわけで、ふんどしで心をつないだ式根島活動二泊三日なのでした!

みなさんもこの夏は、旅と人生を彩る必需品、ふんどしをお忘れなく!またお会いしましょう!

 

 

てらだみき

搾取してみたシリーズ

愛されるダメ人間からいろいろ搾取したお話

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA