ふんどしの歴史 -ふんどし廃止が少子化の原因だった?- 少子化対策には【株式会社ふんどし部】のふんどしで精力アップ

そもそもなぜふんどしを履かなくなったのか

ふんどしは健康に良い。

それはもうこのサイトをご覧の皆さんはご存知のことでしょう。

そして日本初の下着はふんどしでした。

日本人はノーパン生活からいきなりパーフェクトな下着文化を切り開いたのです。

そして日本人は皆ふんどしを履く様になりました。

ならばなぜ、現代の日本人はふんどしを履かないのでしょうか。

実は明らかな転換期があることがわかりました。

 

敗戦後、GHQ支配下でXデーは訪れた

実はGHQから「ふんどし廃止例」が出されたという話が、ふんどし界隈では有名なのです。

ふんどしユーザーの推移を示す正確なデータは残っていませんが、当時の生活を記述する文面と、言い伝えられてきた内容からこの事実が浮かび上がってきました。

もちろん、この事実が本当なら、紙などに残すことは許されなかったでしょう。

GHQには都市伝説めいた噂がたくさんありますが、私がこの説から読み解く米国の思惑がこちらです。

100年という歳月をかけ、少子化や病気によって日本を弱体化させるため

下着、それも魂というべきふんどしを奪うことで精神的に支配するため

日本を米国の文化に染める、そして商品を売るため

以上が当時のGHQの戦略であったと考えています。

基本的に思惑通りになっていますし、少子化は課題先進国の日本の中でも特に重要な課題のひとつです。

 

履きたくても履けなくなった日本人

ふんどしをはけなくなった日本人。

その後、高度経済成長を経験し現代の生活に近づく中で、ストレスと食生活の劇的な変化も相まって日本人は不健康に、そして生殖機能を衰えさせていきました。

不健康や生殖機能の衰えの原因は明白で、西洋文化の化学繊維でできたゴムの下着は、股関節付近にあるリンパ節や動脈を圧迫し人間が本来持つ機能を低下させます。

さらにムレや冷えなど体に良くないことのオンパレード。

これらを一挙に解決するふんどしが、生殖機能の改善、痔や婦人病の軽減に効果があるのも頷けます。

 

まとめ

・ふんどしを発明した日本人が突如それをやめなければならなかった原因は海外から訪れた。

・生殖機能の低下だけが少子化の原因ではないが、大きな影響が考えられる。

・締め付けるものが多い現代の下着は、体を24時間苦しめている様なものである。

お役立ちコラム

日本人の誇りであるふんどしをお求めなら

社名 株式会社 ふんどし部
本社 〒188-0013 東京都西東京市向台町 6-18-8
Tel 080-2117-8076(代表)
URL https://fundoshibu.com