ふんどし履くとパリジェンヌにもモテる?!Japan Expo Paris編

Makuakeにてクラウドファンディングに挑戦中!

Bonjour! Ça va?

ふんどし秘書のChinatsuです。
ブログ記事、初登校です。

Je m’excuse d’avance que je parle pas très bien japonais car ma langue standard est français.
最初に断っておきます。フランス語が基本言語のため、しばしばニホンゴ japonaisが変です。

世界平和・難民問題の事を常に考えている無限に頭の良い秘書と違って、ふんどしと筋肉の事しか考えていない部長にすら日本語をよく直されます。Ça m’énerve!!!(腹立つ!)

はい。今回の記事ですが、時は平安。

・・・ではなく昨夏、場所はパリ。日本人が大好きなフランス。パリ。
「フランス」・「パリ」って付ければおしゃれになる日本の不思議な魔法。
ひみつのアッコちゃん。

ふんどし expo

世界で最大級の日本イベントJapan Expo PARIS 例年来場者数は24万人(2014年データ)。
つまりフランスのみならずヨーロッパ中からJAPANファンが終結します。

日本のコミケのオフ会的な要素もあり、超ハイクオリティなコスプレで参加する人も多いのです。IMG_3659

パリジェンヌがコスプレすると、本当にアニメから出て来たみたい!Oh là là!!!

Mais alors , Qu’est-ce que vous avez fait à Japan expo??? で、結局何したの?って?

ふんどし free hug

世界初Fundoshi Free Hug!略してFFH。
(ちなみに↑よ~く見てください。横文字に弱い部長は’H’undoshiって書いてます。
はぁ、、、もう中学英語からやり直してください、英単語帳には”ふんどし=Fundoshi”って書いてありますよ!部長。。。)

行う前はふんどし一丁の日本男とFree Hugしたい頭のオカシイ人なんているのかしらと心配していたのですが、、、なんと!

超美人なブロンドParisienneが迷わずHUG。

ふんどし 美女ふんどし 金髪美女

 

いかにも今年パリで開催された地球温暖化に対する国際会議 COP21のメインキャラクターになることを目論んでいたParisienneともHug!

ふんどし 緑 パリ

 

ParisienneのみならずParisienも寄ってくる。。。!!
(あ、ここで豆フランス語講座、Parisienneは女性形名詞=パリジェンヌつまり女、Parisienは男性名詞=パリジャンつまり男)

IMG_3649ふんどし パリ

調子に乗って中庭にも突入

ふんどし パリ

中庭でポツンな部長

ああ、白い眼だね。誰もHUG HUGしに来てくれないね。。
かわいそっ。いい歳して。。。と思っていたら・・・・・・

超アグレッシブなParisienたちに板挟みHUGをされました。

団子挟みにされてる部長

団子挟みにされてる部長

 

そしてExpo期間限定でアニメの世界から出て来たParisienneともパシャリ。

ふんどし コスプレ パリ

 

ふんどしマンはどんなコスプレイヤーよりも目立って、人気者に化していました。

1時間で、およそ200人以上とFundoshi Free Hug。

フランス美女たちから大人気に終わりました。

 

↓よく後ろを見てください、、フランス美女たちが列をなしているのです。Incroyable!!!

ふんどしマンとParisienneと写真撮りたくて待ってるParisienne

部長とParisienneと写真撮りたくて待ってるParisienne(白いうちわ持ってる人)

 

Donc つまり

Fundoshiを履くとパリで美女を虜にすることができる。という実験結果が得られました。

平安時代の光源氏になれるということです。

ふんどし パリ

まさに、「恥をしれ!」。ふんどしマンYuzo hoshinoは恥なんか知らないです。

フランス人哲学者デカルトの有名なフレーズ
“Je pense, donc je suis.” 「我思う、ゆえに我あり」という言葉がありますが、

ふんどしマンに関しては 
“Je mets un Fundoshi, donc je suis.” 「我ふんどしを履く、ゆえに我あり」なのでは?と思います。

ふんどし部は、やたら
海外に」、
海外にふんどしを!」
、、とうるさいですが、それにはこんな理由があったのです。D’accord????

ふんどし部 創設のルーツの1つはパリでのこんな出来事があったのです。

ふんどしは下着ではなく、衣装・衣服です。
Fundoshi n’est pas un sous-vêtement mais un “vêtement” !

注)Japan expo主催団体へきちんと許可を取ってふんどし姿で徘徊いたしました。ご心配なく。
むしろ、主催者側からは「日本の伝統衣装で歩いてくれて、Merci!」と言っていただきました。

Merci d’avoir lu  jusqu’ici !

それでは、これにて失礼いたします。À Bientôt!!

搾取してみたシリーズ

愛されるダメ人間からいろいろ搾取したお話

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA