ふんどし新コレクション「2016・秋(仮)」制作秘話【有田・長崎紀行2日目】

another-fundoshiman

圧倒的に搾取しないエンジニア派遣なら

世界一搾取しないエンジニア派遣会社「リツアンSTC」

ふんどしやさしいマンの、のだぱいです。

fundoshiman-flower-arrangement

趣味は華道。

嘘です。

嘘つきはデイダラボッチの始まりです。

 

前回の記事、

ふんどし新コレクション「2016・秋(仮)」制作秘話【有田・長崎紀行1日目】

に続いて、第二弾のエントリー。

 

 

2日目は、「有田焼き」で有名な焼き物の町、有田にやってまいりました。

jane-arriving-at-arita

 

まずは、有田焼陶祖が祀られている陶山神社でお参り。

sueyama-shrine-origin

 

案内板が焼き物だったり、ところどころ有田焼の置物があったり、陶磁器で作られた鳥居や狛犬があるなど、なかなか風情溢れるところでした。

sueyama-shrine-chouzu shinto-torii-made-of-ceramic

 

 

んで、この日は富右ェ門窯の瀬戸口さんのところにお邪魔して、量が無限な中華を食べたり、彼女の職場のギャラリーで手書きの絵が精巧すぎる有田焼を鑑賞したり、無限に地面に転がっている黒曜石を拾って転売ビジネスで億万長者になる夢を描いたり、いろいろしたのでした(笑)。

fundoshiman-with-setoguchisan

富右ェ門窯12代目の瀬戸口さんと。

yuki_hayama_studio

瀬戸口さんの職場で、無限におしゃれな葉山ギャラリー。ここには無限に黒曜石が転がっていました。

作品ばかりではなく作業工程まで見せていただきましたが、その中身は非公開なので、気になる方は下のリンクからホームページをご覧ください。

YUKI HAYAMA STUDIO CALLARY

 

そしてこの日は、瀬戸口さんの実家でもある、富右ェ門窯の工場に泊まらせていただきました。

彼女のお父様が亡くなられ、現在は休業中ではありますが、復興に向けて準備している段階だそうです。

tomiemon-innerview tomiemon-innerview-2 tomiemon-innerview-6 tomiemon-innerview-3

雰囲気めっちゃいい!

 

いやあ、趣たっぷりの場所です。いとおかし。おかしさしかない。

本日はなんと贅沢にも、ここに寝泊まりさせていただきます。

我々ふんどしマンとしても、伝統に敬意を払いつつ、磁器として焼かれるつもりで、ガン寝してきます。

fundoshi-muscleman

 

 

 

そしてこの日はなんと、僕らふんどし部一行のために、近所のご友人を読んでウェルカムパーティーを開いでくださいました!

もちろん場所は工場のど真ん中です!

 

みなさん初めてのふんどしマン達を暖かく迎えてくれたとっても素敵な人たちだったのですが、驚いたことに、、、、、、、

fundoshiman-welcome-party-another-fundoshiman-with-dog

ふんどし犬散歩マンがいました(笑)。

さすが地方、自然豊かで人情味あふれる土地には野生のふんどしマンがいるものですね。

ズリのみとハイパーボールを投げようかとも思いました。

野生のふんどし犬散歩マンさんは、僕の地元の佐世保で「地球屋」というエスニック料理店をやっていて、今回はケータリングで無限に美味しい料理を振舞ってくださいました!

つまりふんどし美味しい南国料理ケータリングマンでもあるのです!

略してふんどし美味しいマン。

いや実際味も量も大変無限なものだったので、皆さん佐世保に来た際にはぜひ一度立ち寄ってみてください!!

 

 

他にもふんどし穿きたい!という方がいて、彼に弊社の粗品ふんどしを渡したところ・・・・

 

 

 

 

 

 

another-fundoshiman-0

なんか逆に穿いてきた(笑)。

 

 

 

 

another-fundoshiman

しかも粗品の「粗」のポジショニングが絶妙です。

この方は最近禊で初めてふんどしを穿いたらしく、野生のふんどしみそぎマンとでも行ったところでしょうか。

 

 

そして、ふんどし犬散歩マン夫妻による三線の宴。

とても暖かい空気の中、楽しませてもらってます。

ジャンがええ顔しとる!

 

こちらの歌い手のおきつななこさんは、実際に歌手としても活動されているそうで、その歌声と三線の音色を気に入ったジャンが、CDアルバム「このほしのうた」を購入させていただきました。

 

 

 

というわけで、富右ェ門釜を取り巻く方々からの素敵なおもてなしを受けたふんどし部一行は、深い眠りにつくのでした・・・・。

tomiemon-midnight

明日も楽しみ。素敵な縁に恵まれそうです。

もちろん、ふんどしで。

 

みんなも寝る時くらい、ふんどし穿いてよかとよ!

ララバイ!

 

次回へ続く!

 

搾取してみたシリーズ

愛されるダメ人間からいろいろ搾取したお話

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA