ふんどしの種類その② -沢山の種類がありますが、人気のおしゃれなふんどしやふんどしパンツのお求めはふんどし専門店の【株式会社ふんどし部】へ!-

まだまだ沢山ある!ふんどしの種類

「ふんどし」は昔から下着の総称として用いられ、その種類・かたちは様々である。(2回目)

世界各地で同時多発的に考案された下着。その中で日本はふんどしという下着文化を育んできた。

細かく分類すれば10種類以上あるとされるふんどし。

前回はよく知られるタイプばかりでしたが、今回はスタンダードから派生した変わりものをご紹介しましょうう。

廻し(まわし)

廻しは、日本の国技である相撲や裸祭りの際に身につける雄々しいふんどし。

色も材料も締め方も他のふんどしとは一線を画す。

大相撲では稽古用と取り組み用の2種類、番付によって色も区別されている。

もしまわしに興味があるならばこちらをご覧いただくのが良いでしょう。

まわしの締め方(日本相撲協会)

日本相撲協会の公式サイトに全10ページに渡ってまわしの締め方が紹介されていて、なんとPDFダウンロードも可能となっている。

ちなみに外国人は「スモウベルト」と呼ぶが、それでも通な人は「マワシ」と呼ぶ。

関連記事:「ふんどしの豆知識 -お相撲さんはみんなふんどし?-」

 

 

締め込み(しめこみ)

博多で毎年7月に行われる博多祇園山笠など、裸祭りの装束として主に使われるふんどし。

締め方や材料は廻しに近いが、前垂れを出すのが主流。

多くの地域では5mのさらしを廻しと同じ様に締め込む場合が多いが、細部には方言の様に独自に伝わるわずかな違いがある。

にわかな締め方で乗り込んでも、もしかしたらよそ者とバレてしまうかも知れない。

 

晒一反(さらしいったん)

下帯とも呼ばれるさらし1反分を使うふんどし。

1枚の布でふんどしと腹巻きを兼ねる。

着物用の下着として使われる他、玉せせりや、愛知県等の真冬の裸祭りで使われる場合が多い。

ふんどしと兼用せず、越中褌、締め込み、半タコと併用する場合もある。

言ってしまえばただのサラシであるからして、妊婦さんが腹巻に使うのと特に違いはない。

つまり西松屋やアカチャンホンポでも買える。

 

九尺褌

長崎県雲仙市の伝統芸能「鳥刺し踊り」に使われるふんどし。

股間を通した布を胸まで引き上げて締める独特の形をしている。

本来は漁師が着用したふんどしらしい。

その形状の独特さ故か、2次元のイラストでしばしば登場する。

萌えキャラと何の因果があるのだろうか…。

 

まとめ

以上、ふんどしの種類についてまたまたご紹介致しましたが、やはりこれはほんの一部に過ぎません。

ふんどしは長い歴史の中で、様々なかたちに進化を遂げて来ました。

そしてこれからも進化し続けるのでしょう。

それでは、次回はさらにネーミングセンス抜群のふんどしをご紹介したいと思います。

お楽しみに!

お役立ちコラム

今人気のおしゃれなふんどしなら

社名 株式会社 ふんどし部
本社 〒188-0013 東京都西東京市向台町 6-18-8
Tel 080-2117-8076(代表)
URL https://fundoshibu.com