ふんどしバレンタインイベントは大盛況でした!星野源さんもありがとう!

fundoshi-latte-art-event

Makuakeにてクラウドファンディングに挑戦中!

平素よりお世話になっております。

ふんどしやさしいマンです。

fundoshigentleman-relaxed

 

もうホワイトデーが近づいておりますが、みなさん今年のバレンタインデーはいかがお過ごしでしたか?

ふんどしやさしいマンはやさしいので、一部のモテない方と違ってふんどしマンはチョコが両手にもてないほどモテていましたよ。

うるさいですね。

 

 

 

さて、2/11は我々ふんどし部主催のバレンタインイベント「Fundoshi Valentine’s Night 〜ふんどしラテアートと全国ふんどし脱ぎ方選手権大会〜」を開催いたしましたので、そのご報告をば。

まるで「君の名は。」のように、当日の動画をずっと探していたので更新が異常に遅れてしまいました。

ちなみに「君の名は。」は先々週みました。

 

ふんどしバレンタインイベントやってきましたよ!

2/14日は、全国の男の子がソワソワするバレンタインデー、ならびに「ふんどしの日」(もちろん2.14がふんどしと読めるから)。

せっかくなので今回は趣旨を変えてバレンタインっぽくしたいなと思い、プロのバリスタの方をお招きしてふんどしラテアート講習会から始めました。

前半:ふんどしラテアート会

ふんどしとラテアートを絡める、というおそらく世界初の試みだったと思いますが、「ラテアートという女子力高めなワードを振りまけば素敵な女性がハエのようにたくさん集まってくるはず」という僕の企み通り、素敵な女性がたくさん来てくれました(笑)。

こちらが世界初、ふんどしラテアートイベントの様子です。

fundoshi-latte-art-1

 

「え、ふんどし関係なくない?」

と思ったかもしれません。

違うんです。

一見普通に見えるこのラテアート会。その深い場所にふんどし性が隠されてます。

あなたはそれを見出すことができるか・・・。

 

 

fundoshiman-event fundoshiwoman-event

そう、私たちがふんどしなのです。

 

すなわち、プロのバリスタ監修のもと、部屋の隅に立っているふんどしマンを横目に気軽にラテアートを体験できる、といった趣旨のイベントになっています。

素敵だと思いませんか?

 

 

内容はいたってシンプル。部屋の隅に立ったふんどしマンを横目にラテアートを楽しむだけです。

fundoshi-latte-art-4 fundoshi-latte-art-3 fundoshi-latte-art-2 fundoshi-latte-art-5

うん、素敵なイベント。

みんなふんどしマンを横目に、ラテアートに精を出してます!

 

中にはラテアートでムンクの「叫び」を作ってしまう強者もいました。

fundoshi-latteart-the-screen

ちなみに、ムンクの「叫び」って、僕は昔「ムンクの叫び」っていうタイトルって思ってたんですが、ノルウェーの画家のエドヴァルド・ムンクの「叫び(The Scream)」っていう絵だったんですね。

The-scream-by-the-Munch

しかも、描かれている人物はムンクでもないし、叫んでもいない、そうです。

実はこれ、夕日が沈む中橋の上で耳をつんざくような「自然の叫び」が聞こえ、それにおののいて耳をふさいでいる人物を描いたものだと言います。

面白いですね〜。

やっぱりふんどしは最高ですね!

 

 

当日は参加者特典のふんどしやさしいマンサイン付きブロマイドを配布したので、それと一緒にSNSにあげている方が多かったです。

fundoshigentleman-signature fundoshigentleman-signature-2 fundoshiman-latteart-sns-uploading

ブロマイドは案外評判良くて、みなさん興奮してました笑

 

初心者向けの講座だったので、手先が不器用でコーヒーフィルターを折ることすらままならない弊社代表のふんどし筋肉マンも楽しむことができていました。

fundoshimuscleman-latte-art-2 fundoshimuscleman-latte-art-1 fundoshimuscleman-latte-art-3

 

最後に全体でパシャり!

fundoshi-latte-art-event

みなさんありがとうございました!

 

後半その①:ふんどし恋ダンス

引き続きまして後半の二部では、この日のために練習してきたふんどし恋ダンスの披露から始まりました、

なんと僕らふんどしマン達がふんどし恋ダンスを頑張っていると聞き、星野源さんご本人が駆けつけてくれました!

fundoshiu-valentine-event-4

やはり生の星野源さんはとても素敵でかわいらしい方でした!

そして肝心の恋ダンス動画はどこにも見当たらなかったので、参加者の方でもっていらっしゃる方はくださいマジでお願いします。

みんな結構ケータイで撮ってたと記憶しておりますが、未だに動画データを確認できておりませんので、写真で失礼します。

 

fundoshiu-valentine-event-2 fundoshiu-valentine-event-1 fundoshiu-valentine-event-3 fundoshiu-valentine-event-5

 

ちなみに当日着用の「恋ふんどし」は、僕ふんどしやさしいマンが全て手作りしました。買い手募集。

fundoshigentleman-made-koifundoshi

 

 

その後は参加者の皆さんにサビの冒頭部をレクチャーして〜の・・・

fundoshi-koi-dance-2

 

みんなでレッツ・トライ!

こちらは動画ありましたが、アップロードしておいたら知らぬ間にyoutubeで一万回くらい再生されてましたw

びっくりした。

みんなもこの機会にふんどし部をチャンネル登録してね!

ふんどし部チャンネル(更新:不定期)

 

ちなみに、最近はこんなお役立ち動画をアップしたよ!

【動画】新らしゅうなったMacBookproはもみじ饅頭の生みたいなやつみたいにぶちパワフルなクリエイティブツールじゃけえ 

 

後半その②:ふんどし脱ぎ方選手権大会

ダンスの後は、お楽しみのふんどし脱ぎ方選手権大会を行いました。

これは、ふんどしマンとしていかに早く、また美しくふんどしが脱げるかを競う大会となります。

ふんどしの脱ぎ方の基本としては、腰に両手を当てて仁王立の姿勢から、見ることなしにふんどしの紐を掴み、片方を解きながら引っ張ることにより、ふんどしを視界から消します。
もちろん、この時にいかに股間が露出しないかということがポイントになります。

fundoshigentleman-putting-off-fundoshi fundoshigentleman-putting-off-fundoshi-2

 

この日はイベントだったので下に「黒猫ふんどし」を締めていましたが、実際に僕がふんどし以外何もまとわずにやった時の動画を御覧ください。

 

今回はこの動画で紹介された技の中から、「居合切り」を課題曲ならぬ課題脱ぎに指定し、その脱ぎ方で美しさを競うことにしました。

まずは脱ぎ方をレクチャーして・・・・

fundoshigentmena-teaching-how-to-takeoff-fundoshi

 

星野源さんに司会をお願いして・・・

fundoshibu-hoshinogen

 

レッツスタート!

見ての通り僕は初戦敗退でした(笑)

まさか一番負けてはならない自分が負けるとは・・・・。

ふんどしが初の参加者の脱ぎが予想以上にすばらしく、彼の健闘を讃える形での敗北となりました。。。

負けた僕なりの見解を言わせてもらうと、後々よく見ると彼はふんどしの紐を掴んだことを確認してから踏み込みに入っているのに対し、僕は踏み込みの起発をかけてから、動きながらふんどしの紐をキャッチしてます。

なので技術的には明らかに僕の勝ちです。はい。負け惜しみです。

審査員の目には私よりも彼の輝きが映ったのでしょう。

今後は他のどんな新手のふんどしマンにも負けないよう、圧倒的な速さと技術を磨いていきたいと思います。

 

 

fundoshibu-event

最後に星野源さんと記念写真を撮って、イベントもおしまい!

次回は春を予定しておりますが、決まり次第告知いたします!

みなさんまたいらっしゃってくださいね〜!

 

それでは、以下フォトギャラリーを載せてお別れです!

アディオス!

fundoshi-koi-dance-1 fundoshi-koi-dance-3 fundoshi-koi-dance-4 fundoshi-koi-dance-5 fundoshi-koi-dance-6 fundoshimuscleman-with-foreing-lady fundoshibu-makoto fundoshi-koi-dance-7

搾取してみたシリーズ

愛されるダメ人間からいろいろ搾取したお話

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA