<イベント告知>日本酒を飲みながらふんどしマンを鑑賞できるイベントを開催します。

ふんどしマチョビアン

圧倒的に搾取しないエンジニア派遣なら

世界一搾取しないエンジニア派遣会社「リツアンSTC」

こんにちは、ふんどし筋肉マンです。

今日は大事なお知らせが2つあります。

一つは本日取締役の野田が長崎市内でふんどし飛脚をやっています。

ふんどし飛脚

<ふんどし飛脚>

当初、「ってか日本縦断いけるっしょ」と言ってましたけれど、長崎市内でも十分キツイ気がする、と思ったら案の定だいぶキツそうなことになってました。

ふんどし飛脚

というか、東京出身であまり車乗らない僕にとっては、

「こんなマリオカートみたいなコースあるんだ」

という感想が第一に来たのだけれど、ここって基本車で走るところであって人間が走る人はランナーぐらいなのではないだろうか?大丈夫かなぁ。

マリオカート

懐かしきマリオカート

マリオカート的なコース

マリオカート的なコース

それにしてもハードな選択をしすぎですね。男が男に惚れる、というのはまさにこのこと。

実際、この記事を書き置きしている間にもう終わったと思ってなかったら夜も走ってました。死んじゃうでしょ。。

ふんどし飛脚

街の明かりが一切見えないところで走っている模様。お客様、お騒がせしてすみません。。。

さて、このような現状になったのも、弊社の会社理念が「人生ハードモードを選択しろ。男はロマンだ」という謎レベルの意識の高さなので(今考えたけれど)「ヤマトで送ったらいいやない」というツッコミは愚問、というかのだぱいの爪の垢でも煎じて飲んだほうがいいと思います。

あと皆さんが応援してくれる一方で、「ふんどしを売るなんて儲からないだろ」という指摘も多数ありまして、確かにそうだな、と最近気づきました。(いや、昨年ぐらいから気づいていたけれど)でもそれってなんていうか合理的だけれど、ロマンがないな、と。

だってよくある「まぁできないでしょ」→「やったら出来た」というのが人生ハードモードの真髄、というか醍醐味であって、受験も部活もビジネスもやっぱり壁を乗り越えていかないとなぁ、と思うじゃない。

と言っても「難しい」(まぁできないでしょ)と「不可能」(文字通り不可能)の境目って結構判断するのが難しいですが、ここの判断はしっかり見極めたいな、と僕たちも思います。不可能というのは本当に人間ができないことで、例えば100mを道具を使わずに五秒きる、とかだと思うのですけれど、日本人が十秒切るのはもう不可能の領域では決してなくなっていて、難しい、の領域ですよね。だからふんどしを世界で売るのも100m9.9秒ぐらいの世界かなぁと思うのです。

まぁそれはさておき、野田は今「難しい」飛脚に取り組んでいる、ということがマリカーのコースから伝わってきました。

さてさて。

最近、ダンスを習っているのですが、ありがたいことに「パーフェクトふんどしマン見たよ!」というお声がけをよくいただきます。

<Fundoshi Sake nightの開催>

ふんどしマンは肉体でどれだけ皆を元気にできるか、というパフォーマンス集団でもありますので、もうこれは本当嬉しい限り。

筋トレしてて良かったなぁ。

そんなわけで、ふんどしを以前購入していただいた方には既に送っているのですが、以下が告知内容でございます。

=====

この度は、お客様感謝企画としてお酒&ダンスイベントを企画しました。その名も

Fundoshi Sake Night Vol.1 ~ まだ鼠蹊部圧迫してんの?~

です。

ダンスイベントというか飲み会というか、新感覚エンターテイメントです。基本的にふんどし部は既存のカテゴリーに当てはまらないのでこういう言い方しかできないのが現状です。

したがって今後は、「ダンス行こうぜ!」「飲みに行こうぜ」みたいな会話が「まだ鼠蹊部圧迫してんの?行かない!?」とか「鼠蹊部圧迫しよっか!」という会話になるわけです。

それこそが新しいカテゴリーイベントなわけです。

そんなわけで、シャイなんでダンスは初めて!なんて方も、まだ鼠蹊部を圧迫してリンパの流れを悪くしているあなたにとっても、耳寄り!なイベントです。

趣旨としては、

「のんびり日本酒を楽しみながら音楽を楽しむ」

「のんびり日本酒を楽しみながらふんどしマンを鑑賞する」

「のんびり日本酒を楽しみながらふんどしダンスを堪能する」

の3本立てです。

なんか、サザエさんみたいですね。

ということで、皆さん、ふんどしを着てる人も着てない人も是非来てください!ふんどしの着用は義務化したいところですが、優しいマンの優しさにより、シャイボーイは全身タイツでもOKです!!

Fundoshi Sake Night Vol.1 ~ まだ鼠蹊部圧迫してんの?~

https://www.facebook.com/events/1726805480930377/

7/9Sat 19:00~24:00

参加費:

ふんどしなし 1500円(1ドリンク付き)

ふんどし付き 3500円 (1ドリンク付き)

それでは皆様のご来場をお待ちしております!

ふんどし部

筋肉マン

============

先日もMacさんというサルサのダンサーの方からお誘いいただきました。

muscle night

というなんとも肉肉しい企画に呼ばれたのです。

結論から言えば、パイレーツオブマチョビアンという謎のダンサーの前座として、ソーラン節とperfect humanを踊る機会が与えられたのでした。結構事前からどんな人なのかな〜、がちむちなのかな〜、と調べてみたら

https://twitter.com/machobean

fundoshi macho

ん、あれ??

ふんどしマチョビアン

ん、ん??

 ふんどしマチョビアン2

あぁ、ただの変態かぁ、ということで合点がいき、安心しました。

「ただの変態ならば一切問題ないだろう。こっちには筋金入りの野田という変態がいるから」

という自身がこちらにはありますからね。

ということで、彼が変態なのは、全然いいんですけれど、問題は話していくうちに、彼が実際にRADIO FISHのダンサーとしてperfect humanを踊っているダンサーであった、ことが判明した、ということでした。つまりは、当然プロのマジモンのダンサーでしたし、というかパクった相手が目の前にいた、ってことですね。それを知ったふんどしマンずは急に恐縮しちゃって、ひたすら頭を下げてました。

ただ、ところどころのミスもある我々のダンスに対して、マチョビアンさん一切お咎めなし。優しすぎ。痛み入る優しさ。ふんどしも涙で濡れます。濡れたふんどしは透けます。

ふんどしマチョビアン

髪型がちょっとおかしい

このようにいく先々で出会いがありますが、今回も何か面白い出会いが起きるのではないか、と予感してます。そのようなわけでFundoshi Sake nightも以下のような編成で、お送りしたいと思います。

野田:知性・身体能力・ユーモアを兼ね備えるperfect human

星野:筋肉がちむち。でも動きはふにゃふにゃ。でもパーフェクトふんどしマンをセンターで踊る。

ふんどしダンス先生(仮):かわいいダンスの先生。またにふんどしも着る。Carnelian代表講師。

という体勢でやっていきますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

踊らなくても、踊ってもいいのでお気軽に来てくださいね!お気軽に来てくださいませ。

Fundoshi Sake Night Vol.1 ~ まだ鼠蹊部圧迫してんの?~

https://www.facebook.com/events/1726805480930377/

 

それでは今日はこの辺で、Ciao!!

搾取してみたシリーズ

愛されるダメ人間からいろいろ搾取したお話

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA