<先行予約あと2日!> TedxUTokyoに展示してきました。

TEDxUTokyo展示

圧倒的に搾取しないエンジニア派遣なら

世界一搾取しないエンジニア派遣会社「リツアンSTC」

どうも、こんにちは。ふんどし部 部長の筋肉マンです。

今日は東大でTEDxUTokyoに展示してきました。
そういえば、僕の母校ということで久しぶりに来たのですが、相変わらず安田講堂は堂々とたたずんでました。

tedxutokyo

tedxutokyoのサイトはこちら

 

現場はこんな感じ。

今回はプロトタイプではありますが、ふんどしを10数種類並べたほか、弊社が開発したふんどしマンアンドロイドを展示しました。

ふんどしTedxutokyo ふんどしTedxutokyo2
アンドロイドふんどしマン

最新の技術を用いたアンドロイドふんどしマン)

隣は知人がOTOPOTという展示をしていて音楽と映画とインタラクティブフェスティバルを組み合わせたイベント(自分でも何言っているかわからん)であるSXSW(サウスバイサウスウエスト)に出展してきた作品。
ポットにメッセージを入れ、それをメッセージとして、ポットを開けた人間に届ける、というもので、なかなか興味深い体験でした。

otopot
otopot

otopot。ぶれちゃってる。。。

TEDxの醍醐味はプレゼンだけでなく、エキシビションの展示と言っても過言ではなく、様々なガジェットやpepperが並んでおります。

そんな中、布だけ並べてもひけをとるなぁ、ということでこちらもテクノロジーで勝負してやる!と意気込んで、取締役のふんどしやさしいマンとそっくりのアンドロイドを作ったのでした。

 つきましては本展示では、

  • ふんどしの試作品展示
  • ふんどしマンアンドロイドの展示
  • ふんどしマン、ふんどし付け替え体験(誰得)

という内容でお送りいたしました。

 意外にみなさん、仁王立ちする取締役野田を前にして「え、人なの?機械なの?」と真剣に疑う様子が散見されました。
文脈って凄い大事、というか同じ空間にペッパーやVRの展示があるとふんどしマンもロボットだと認識できてしまうのですかね。。。

ここからは、ふんどし優しいマンをロボットだと思って、ネタバレ時にびっくりする方の表情をお楽しみください(ネタっぽく書いてますが、アンドロイドを作成したのはネタ、人々が本当にアンドロイドと信じてしまったことはガチです。嘘だと思うでしょうが、「ガチ」です笑。ふんどしやさしいマン凄すぎ。)

アンドロイドに群がる人たち

アンドロイドに群がる人たち

 

文字通り、半信半疑で触っていきます。でも結局のところ、微動だにしないので分からず帰っていきます笑

アンドロイドに群がる人たち2

アンドロイドに群がる人たち2

いや〜、本当にロボットなの!?と半信半疑な女性たち。

いや〜、本当にロボットなの!?と半信半疑な女性たち。この後叫びます。

ふんどしマンに狂喜乱舞する女性たち

ふんどしマンに狂喜乱舞する女性たち

 

喜んでいるのかマジで驚いているのかよくわからない図。

ふんどしマンに狂喜乱舞する女性たち

アンドロイドに饅頭を食べさせる、というイベントもなぜか発生しました。

ふんどしマン饅頭
ふんどしマン饅頭

ふんどしマン饅頭。饅頭を口に突っ込むだけで嬉しくなっちゃうのは、相手がアンドロイドだから。

ふんどしマン饅頭

皆何かと記念写真を撮りたがりますね!

東大を先輩にもつ高校生もふんどしマンに興味を持つ。

東大に先輩をもつ高校生もふんどしマンに興味を持つ。

目薬を差すのも部長がやります。

目薬を差すのも部長がやります。

ふんどしマンアンドロイドメンテナンス

ふんどしマンアンドロイドメンテナンス

他にも「え、これふんどし?え、ふんどし、っていうかこうふんどしってさ・・・」と謎のゲシュタルト崩壊している女性もいました。
その様を写真で伝えられないのが残念ですが、最後は落ち着いてくれました。

ゲシュタルト崩壊した女性

ゲシュタルト崩壊した女性

僕もテンションが上がって「世界に誇るふんどしマンです。本邦初のふんどし着せ替え体験やってます!」と謎のアナウンスをしてしまいましたが、さすがは安定のふんどしやさしいマン、ということで皆に愛されてました。

誰得か一切分からない「本邦初のふんどし着せ替え体験」は男4人女3人の方に体験していただきました。 

韓国人の女性の方が異常に喜んでいたのが記憶に鮮明に残っております。

ふんどし着せ替え体験

ふんどし着せ替え体験。ドヤ顔

素敵な女性も誰得なのかわからないけれど、着せ替えしてくれたよ。

まるで告白現場に見える着せ替え現場

まるで告白現場に見える着せ替え現場

最後にネタバレして驚いちゃう女性の方

実は人間だった、とネタバレして驚いちゃう女性の方

ふんどし着せ替え講座

ふんどし着せ替え講座

ふんどし着せ替え講座

ふんどし着せ替え講座ー脱がす編ー

ふんどし着せ替え講座
ふんどし着せ替え講座ーつける編ー

ふんどし着せ替え講座ーつける編ー

ふんどし着せ替え講座ーつける編ー

動きが素早すぎてカメラがとらえることが不可能でした。

ふんどし着せ替え講座ーつける編ー ふんどし着せ替え講座ーつける編ー
ふんどし着せ替え講座ーつける編ー

ふんどし着せ替え講座ー完成ー

近くで見れば見るほど、いったい何が嬉しくて皆股間の前でふんどしを着せ替えるのだろうか、と思っている僕がいました。

一番着せ替えが早く、上手だった方。

一番着せ替えが早く、上手だった方。手が早すぎて写りません。

さて、今回のふんどしマン展示で気づいたこと。 

  • 人は意外に機械と人の見分けがつかない。
  • 仁王立ちすると瞬きと脇汗が辛い。
  • ふんどしマンが動くとギョッとする。その時にふんどし部の説明をすると皆結構真剣に話を聞く。

 ということが検証により、わかりました。

ちなみに生物というのは驚くと「Fight or Flight」という状態になるのですが、その状態で話を進めると思った以上に話を聞いてくれる、ということがわかりました。これは悪用禁止ですね。

反省としては、なかなかふんどし単体には興味を持ってくれなかったことですね。でも皆さん、「ふざけてると思ったけれど、こいつらマジでふんどしを輸出するんだな」ということが伝わったようで、中高年の方も比較的興味を持ってくださったのがいい体験でしたね。 

そして最後に宣伝になりますが、ふんどしファンディングは5月末まで続行中!現在も鋭意製作中!ふんどし欲しい人もそうでない人も良かったら買ってください! 

http://funding.fundoshibu.com/

ふんどし履いてね!Ciao!!

和服ふんどしマン

搾取してみたシリーズ

愛されるダメ人間からいろいろ搾取したお話

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA