美容室?それともホテル?ふんどしでも泊まれる沖縄のリノベーションホテル- Tripshot Hotels Koza-の魅力を余すことなく紹介します!

圧倒的に搾取しないエンジニア派遣なら

世界一搾取しないエンジニア派遣会社「リツアンSTC」

 

どうも、こんにちは。

ふんどし筋肉マンです。

社長だから偉いです。

今、僕はどこにいるのかって?

 

fundoshiman-okinawa-ropeway

そうです、沖縄ですよね。

 

この写真を見たら、簡単ですね。

 

そして、これを見て多くの方は思ったのじゃないでしょうか?

 

「え、こんなふんどしマンにも似合う一室が沖縄にあるのなら、私もふんどしを穿いてみたい!」

 

と。もしくは、

 

「え、ふんどしマンの見た目がなんかむかつくけれど、でもその周りのモダンなライトやシックなモノクロの写真、うちっぱなしコンクリートに風情ある壁紙、そしてタンスやベッドエリアの木目までおしゃれ!!是非沖縄に行った際はこの部屋に泊まりたい、いや、泊まらないで沖縄には行くものかっ!」

 

と思わずにはいられなかったのではないでしょうか?

 

前者の方は弊社のサイトで、ふんどしを購入することでQOLが一段と増すことでしょうから、もうこのブログは見ないで結構です。

fundoshibu-online-store-top-new-compressed

クリックでオンラインストアへ

 

しかし、後者の方には是非このホテルの魅力を余すことなくふんどしで伝えた本記事をご覧いただきたい。日頃から「ふんどし一丁でも楽しめる宿はないのかしら。。。」と悩む業界筋の方にうってつけのホテルがあります!!

 

<沖縄のコザエリアのホテルTripshot Hotels Koza>

 

今日ご紹介するのは沖縄で最もクリエイティブなホテルのうちの一つ、トリップショット コザ、です。コザとは地域のエリアです。

 

コザコザ言っていると何が何だかわからないと思うのですが、コザというのは沖縄のここら辺にある街のことです。

 

kozaの場所

kozaの場所

正確には、 コザ地区は、那覇空港から車で約1時間。戦後、米軍基地の門前として栄えたため、アメリカ文化の影響 が色濃く残っている沖縄市の中心市街地でもあり、1970年代~80年代にかけて流行ったアメリカのファッション・音楽、それらが、沖縄の土着文化とミックスされ、本州ではなかなか見られない風景が今なお残っております。

 

アメリカっぽいのにアメリカではない、日本っぽいのに日本っぽくない。

 

そんなコザエリアもやはりふんどし一丁で違和感がなく、これを見ている皆さんもきっとふんどしマンとしてこの街を堪能できることでしょう。

探索してみると、あの有名な「スナック 恋の予感」もありますし、まさかの電話番号5桁!でアクセスのしやすさが伺えます。

koinoyokan koza

ティールームフリーダムも窓に常に水が流れることによってまるでディズニーランドかと見間違えるぐらいの別世界感がありました。もう東京から舞浜に行くよりもLCCで沖縄に行ったほうが贅沢な体験ができることも明白ですね。もう時代は東京ではない、沖縄なのです。いや、沖縄というかコザ、そう言っても過言ではない、そう思わせるくらいのインパクトがこのティールーム「フリーダム」にはありました。

漫画喫茶もなんと、auのWi-Fiが使うことが可能なのです。ちなみに定休日なのか、営業時間なのかわからない掲示が謎解き好きにはたまらないことでしょう。

ちなみにゲームセンターって風俗営業だったんですね。。。

 

ちなみに、この日は全部閉店してました。

 

そして、こうして遊んでいると1日もあっという間に終わってしまいます。

 しかし、冷静に考えてみると、あったかすぎて「ふんどしでも一切違和感がない!」ことで有名な沖縄ですが、日が落ちればいくらあったかい沖縄といえども、そろそろ寒くなってきます。

 この取材日においても意外に寒く、このままでは凍えて死んでしまう、と思ったので、社長である私は一つアイディアを思いつきました。

 

夜は素敵な宿に泊まろう、

 

と。

 

こんな状況じゃ死ぬ。どこかで雨風しのげぬものか、と。

ちなみに、なかなか寒かったので、なかなかのダサいイケてるコピーも思い浮かんでしまったほどです。

 

「服っていいね。ふんどし部」

 

そんなわけで、このコザにはマニアックな場所がたくさんあるのですが、今回は雨風凌げる場所、として、Tripshot Hotels Kozaという洗練されたホテルをご紹介いたします。

 

 

<美容室・BARをリノベーションしてホテルに>

 

tripshothotels koza

「個性的。そんな言葉が似合う3つの街ホテル 。」

 

なんと、ここは屋根があって雨風がしのげるだけではなく、その名にふさわしい、洗練された空間がTripshotにはあります。今日はそのうちの「ROCK SIDE」に宿泊させていただきました。他には” SURFをコンセプトに、創造的で自由を感じることができる大人の隠れ家”、「room ROOF TOP STAR」、そして” 1970年代にタイムスリップしたときのような空間”をお楽しみいただける「room CENTRAL」があります。

 

入り口はこんな感じ。

koza entrance

内装はというと、こんな感じ。

見てよ、これ。はっきり言って、広くてイカしすぎてない? 

 

1人での滞在に関しては、特にやることもなかったので、グラドルみたいな写真を撮ることでしかできませんでしたが、きっと恋人や友人といるとあんなことやこんなことができるのでしょう。

 

1階にはバーもあるので、一人で寂しくなったら下に降りて、カクテルも飲めます。

なお、宿泊者にはソフトドリンクが無料となっているので、必ず立ち寄る事!

ですので、宿泊とバーを同時に味わう事で極上の体験を行う事ができます。

 

例えばこのように。

※ソフトドリンクなので、烏龍茶です。

 

バーに慣れていない方もバーテンダーの方が親切なので、不安な事は一切ありません。

ふんどしマンもこのように絵になりますし、食事もお酒も楽しむ事ができます。

 

 

また、おしゃれに敏感な方もこのように、ヘアーカット、ヘアーセットも楽しむ事ができます。

 

 

 

本当、気持ちいいなぁ。

 

 

社長やっててよかったなぁ、と、しみじみ。。。

 

 

あ〜。。。

 

 

ちなみに美容院の椅子はないので、このようにすることでピラティスのようにインナーマッスルを鍛えることができます。筋肉に無駄に緊張が走らぬよう、深い呼吸は忘れずにすることでさらに高い効果を得ることができるのです。

もしこの忙しい現代の中で、自分自身で鍛えることができない、という場合は、弊社バディトレでインナーとアウターを同時に鍛えることができます。

 

fundoshi-lig-buddy-training

バディトレはこちらから。

 

宣伝はさておき、沖縄のことをもっと知ってほしい、という思いから、インテリアにも仕掛けがあります。

 

じゃん。

本来は美容院であったことから、ここはガラス張りだったのですが、現在はホテルである都合から、このようにブラインドと情報掲載を兼ねて、雑誌のページを貼り付けています。

 

上の方はハシゴを用意することで、目の前で読むこともできますね!!

 

また、美容院の名残として残る仕掛けは他にも存在しまして、例えば、タオルを入れる棚もこのようにふんどしマンを収納することができるのです。

 

うん、いい感じですね。

<沖縄観光再発見Tripshotの神山さんよりお話を伺ってきました。>

 

 なぜ、こんなところにホテルを作ったの?と思う方も多いでしょう。

「昔の文化の名残が残るこの街に、昔からあったものを残して新しいものを作りたい。」

そう語るのは、沖縄観光再発見Tripshotの神山さん。

こうして、ふんどしマンに最適化されたホテルが作られた、というわけですね。今後も拡大していく(ふんどしマン)業界の予測を行い、市場を獲得していく、という気概と眼光の鋭さが神山さんからは、見て取ることができます。

さらに、神山さんは続けます。

「自分は、動画制作や地元の情報誌の仕事をしていて、ご縁でこの場所を運営することになったのです。もっと沖縄はもちろん、コザの良さを知ってほしいし、実際に来てほしい。フリーペーパーで、沖縄の良さを情報発信するだけではなく、これからも実際に場所を作っていこうと思っています。もちろん新しく作ったとしても、その場所の名残は残していきたいのです。」

そう語る神山さんは日々、街をより活性化させるために情報だけでなく、こうした体験をセットにして沖縄の魅力を伝えていきます。

 いかがだったでしょうか?沖縄、と一言で言っても、ガイドブックに載っている「いわゆる観光地」以外にもたくさん魅力は点在するのです。KOZAエリアはマニアックな人でもふんどしマンでも、多くの方にとって満足のいく体験となるでしょう。神山さんが所属するTripshotが展開する街づくりのサービスには目が離せませんね。

詳しい情報はこちらから!!

tripshothotels koza

 

 

 

 

Ciao!!

 

搾取してみたシリーズ

愛されるダメ人間からいろいろ搾取したお話

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA