菅田将暉もふんどしに!?主演映画『帝一の國』で上裸姿の”ふんどし太鼓”シーンを熱演!

圧倒的に搾取しないエンジニア派遣なら

世界一搾取しないエンジニア派遣会社「リツアンSTC」

 

人気若手俳優「菅田将暉(すだまさき)」さんが主演を演じる実写コメディ映画「帝一の國(ていいちのくに)」が4月29日(土)に公開されています。

 映画「帝一の國」は、日本一の超名門校・海帝高校を舞台に、「総理大臣になって、自分の国を作る」という野望を抱く赤場帝一(菅田将暉)が、生徒会長の座を巡ってその他エリート学生と命がけの頭脳戦・闘争を繰り広げる異色の学園コメディ。

その中でも、ロードショーに先立って公開された”ふんどし太鼓”の場面写真が話題を呼んでいます。

実写映画「帝一の國」とは?

 古屋兎丸原作の人気漫画帝一の國を原作にしたこの映画は、永井聡を監督に実写化。
武蔵大学や東京農工大学などで撮影が行われました。
言わずとしれた人気俳優・菅田将暉さんを始め、野村周平さんや竹内涼真さん、間宮祥太朗さんや千葉雄大さんなどのイケメン若手俳優が多数出演しています。

 舞台は昭和期の超エリート進学校・海帝高校。
 菅田将暉演じる赤場帝一は「総理大臣になり自分の国を作る」という人生の目的と野望のため、海帝高校の生徒会長になることを決意。政財界に強力なコネを持つ海帝高校では、生徒会長を務めたものは内閣入りが約束されているからです。帝一は生徒会長になるためにはどんな手段をも厭わないと言う心意気の元、同じく生徒会長の座を狙う周りの生徒と、激しい頭脳戦・死闘を繰り広げる、そんな感じの政権闘争コメディです。

 原作のファンでもあった菅田将暉さんは、「読んでいた頃から、この役は自分が演じるためにあるんじゃあ いかと感じていた」と、出演への熱意をあらわにしていました。
 そんな期待の映画「帝一の國」で、人気若手俳優たちのふんどし姿が拝めると連日話題になっていたのでリポート!

菅田将暉や野村周平ら人気俳優のふんどし姿が話題に

 反響を呼んでいるのは、原作でも最も人気のあるシーンのひとつである、帝一ら(菅田)が通う海帝高校の文化祭「海帝祭」のオープニングを彩る“ふんどし太鼓”シーン。

 菅田将暉演じる赤場帝一、野村周平演じる東郷菊馬、間宮祥太朗演じる氷室ローランド、志尊淳演じる榊原光明役、鈴木勝大演じる駒光彦の5名が、人生初のふんどしを締め、バチを持って雄々しく和太鼓を叩いています。

 ちなみに締めているふんどしは、ふんどしの中でも祭りの時によく見かける「六尺ふんどし」。ネジネジしてお尻に食い込むタイプで、弊社ふんどしマンが常用している「越中ふんどし」タイプとは異なります。

fundoshigentleman-in-the-sea

こちらは紐で簡単に結ぶタイプの「越中ふんどし」

 あ、ちなみに今回の記事では挨拶が遅れてしまいましたね。
菅田将暉さんのふんどし姿にテンション上がりすぎました。

 私は、【株式会社ふんどし部】取締役ふんどしやさしいマンです。

 弊社は「日本一ふんどしを楽しむ会社」として昨年創業したふんどしのスタートアップ。
 主にふんどしの製造・販売・コンサルティングを事業として展開しており、おかげさまでふんどしマン業界ではNo.1の座を独走中です。

 特に弊社のふんどしコンサルティングやふんどしマン派遣事業は数多くの企業様にご活用いただき、多くの感謝の声を頂いております。

【全エンジニアに捧げる】「搾取」しないエンジニア派遣の会社「リツアンSTC」から交通費を搾取して愛されるダメ社長に会ってきた。

2017.03.19

「搾取しない」エンジニア派遣の会社「リツアンSTC」の社員からYシャツを搾取してふんどしにしたら、素敵なふんどしポールスミスに変身した件

2017.03.22

 言うなればふんどし事業界の「菅田将暉」的な立ち位置ですかね。
乗りにのってますが脂は乗ってない会社です。

 リズムには多少乗れます。

fundoshigentleman-dj-rythm-purple-2

脂は乗らないが、リズムには多少乗ることができる

 

 おっと、話が逸れてしまいました、菅田将暉さんとふんどしの話に戻りましょう。

 

 菅田将暉野村周平間宮祥太朗志尊淳鈴木勝大さんの5人がふんどし姿で現れたこのシーンの場面撮影が公開されたのは、今年1月27日。
 この冬一番の大寒波が日本襲ったこの日の撮影では、体育館内の暖房をすべて消し、気温2℃の過酷な状況で全身から湯気を出すという演出を行ったそうです。

 我々ふんどしマンは24時間年中無休でふんどし一丁で生活し町の平和維持活動(ふんどしPKO)に勤めているので、日頃から寒い中で歩いて体を鍛えています。
 過去には年末年始に雪山でふんどしランニングをしたり、マッターホルンでふんどしスキーをしたりもしました。

fundoshi-pko-retouched

ふんどしPKO

top-of-the-mountain-takao

ふんどし雪山ランニング

fundoshi-skii-Matterhorn

ふんどしマッターホルンスキー

 菅田将暉さんはインタビューに応じて「フンドシを締めて太鼓叩くのは非常に気合が入りました!フンドシになって、大勢で叩くのは初めてだったので、緊張感もあり、楽しかったです。間違いなく、みなさんの記憶に残るシーンになると思います!」と熱弁しています。

 また、志尊淳さんは「フンドシは意外に隠す面積が少なくて戸惑いましたが、みんなと衣裳部屋でフンドシを締めている時が面白かったです」と明かし、ふんどしが気に入った模様。
鈴木勝大さんは「みんなで毛を剃ったのがいい思い出」と語りました。

 そう、ふんどしを締めて舞台や映画や路上に出るとなると、どうしても毛の処理が必要となってきます。
僕が警察の方に聞いた限りでも、「ふんどし一丁で外をで歩くこと自体犯罪ではないが、局部や陰毛が露出しているとアウトになる」とコメントを頂いておりますので。

fundoshivalentine-chocho-talking-with-police-2

警察官と談笑するふんどしやさしいマン

 

 もしふんどしマンとして世界平和に貢献したければ、この記事のように優良個人サロンでの脱毛をお勧めします。家庭用脱毛器「ケノン」は効かないのでやめましょう。

街の平和を守るふんどしマンでも家庭用脱毛器「ケノン」で脱毛できるのか? 検証してみた。

2017.04.19

「ケノン」で脱毛失敗したふんどしマン、個人サロンでVIOをツルツルに?

2017.04.20

 

キャスト5人のコメントは以下の通り。

キャスト5人のコメント

 

菅田将暉さん(赤場帝一役)

 フンドシを締めて太鼓叩くのは非常に気合が入りました!太鼓は今までも叩いたことがありますが、フンドシになって、大勢で叩くのは初めてだったので、緊張感もあり、楽しかったです。間違いなく、みなさんの記憶に残るシーンになると思います!
 本作は、全シーン山場となるシーンばかりですし、出演者は信頼のおける仲間たちばかりなので、これからの撮影もおもしろく、楽しく、遊んでいきたいです!

野村周平さん(東郷菊馬役)

野村周平
By ZhowTV – https://www.youtube.com/watch?v=zGnrjFxusKU, CC 表示 3.0, Link

 今日は、寒い中での撮影でしたが、すごくたくさん練習した太鼓だったので、絶対にいい映像になっていると思います!同世代がこれだけ集まって一本の映画を撮影することもあまりないですし、制服を着てみんなと撮影できるのも最後かもしれないので、撮影を最後まで楽しみたいです!

間宮祥太朗さん(氷室ローランド役)

 この仲間たちと、数日間、太鼓の練習をしているときから楽しかったです!練習でもパンツ一丁になって本番さながらの裸同士の付き合いができたのがいい思い出です。この世代の代表作になればいいと思えるくらい、日々の撮影頑張っていますし、撮影を最後まで楽しみたいと思います。

志尊淳さん(榊原光明役)

 フンドシは意外に隠す面積が少なくて戸惑いましたが、みんなと衣裳部屋でフンドシを締めている時がおもしろかったです。フンドシ太鼓の撮影は、太鼓を一から覚えつつ、役も演じなければならなかったので、難しかったですが、みんなでひとつのものを作っていくことがとてもおもしろかったし、しっかりと映像に残っていると思います。熱い先輩たちについていきながらも、作品作りを楽しみたいなと思っています。

鈴木勝大さん(駒光彦役)

 本番で、バチを割るくらい気合が入っていました。みんな、手の皮が破けるくらい練習してきたので、うまくいってよかったです。そして、みんなで毛を剃ったのがいい思い出です。手の皮が破けたり、みんなで毛を剃ったり、絶対にいいシーンになっていると思います。

 

と、いうわけで、4月29日公開のふんどし映画「帝一の國」の紹介でした。

GWの連休は劇場に観に行くしかありませんね!

もちろん、映画見るときはふんどし履いてね!

アディオス!

 

『帝一の國』

2017年4月29日(土・祝)から全国東宝系で公開

監督:永井聡
脚本:いずみ吉紘
原作:古屋兎丸『帝一の國』(集英社)
主題歌:クリープハイプ 『イト』
出演:
菅田将暉, 野村周平, 竹内涼真, 間宮祥太朗, 志尊淳, 千葉雄大, 永野芽郁, 吉田鋼太郎, 木村了, 鈴木勝大, 萩原利久, 岡山天音, 井之脇海
配給:©2017フジテレビジョン 集英社 東宝
公式HP: http://www.teiichi.jp

ストーリー:

時は昭和――。

赤場帝一は「総理大臣になり自分の国を作る」という人生の目的と野望のため、全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門海帝高校生徒会長になる事を決心した。政財界に強力なコネを持ち、海帝高校で生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ…そのためならなんでもする…どんな汚いことでも…。2年後の生徒会長選挙で優位に立つには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっている。」。 (wikipediaより抜粋)

 

搾取してみたシリーズ

愛されるダメ人間からいろいろ搾取したお話

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA