サニタリーショーツも可愛い&オーガニックに!コットンのガーゼは肌に優しい~生理中の「ふんどし」~

サニタリーショーツに可愛いは不可欠!いつも身につけたくなる新しいコンセプトの「ふんどし」

サニタリーショーツに可愛いは不可欠!いつも身につけたくなる新しいコンセプトの「ふんどし」

サニタリーショーツ可愛いデザインのものを身につけたい、そんな方はぜひ【株式会社ふんどし部】の女性用ふんどしをお試しください。

【株式会社ふんどし部】では、「古臭い」とされているふんどしの価値を再発見・再定義し、様々な素材・デザインのふんどしを販売しております。

ふんどし本来の利点である開放感や通気性の良さは、サニタリーショーツとしても能力を発揮します。

昔の女性は生理中に「ふんどし」をしていた!?

江戸時代頃の日本では、現代の女性がはくような下着はまだ存在しておらず、巻きスカートのように着用する「腰巻」を身につけていました。股をすっぽりと覆わない腰巻は、湿度が高い日本の気候にぴったりで、長年愛用されていたと考えられます。

しかし、現代のショーツにあるクロッチ(股布)がなかったため、生理の時は「ふんどし」を着用していました。ふんどしに和紙の再生紙や古い布を挟み、吸収体として使用していたそうです。

当時、布や紙は庶民にとって高価なものだったため、何度も洗って使っていました。その後、明治から昭和にかけて、ふんどしに似た形状のサニタリーショーツが普及します。加えて、アメリカから伝わった使い捨てナプキンが広まっていったため、ふんどしが使われる機会は減っていきました。

サニタリーショーツに可愛い&オーガニックなふんどしを~コットンのガーゼだから肌に優しい~

サニタリーショーツに可愛い&オーガニックなふんどしを~コットンのガーゼだから肌に優しい~

サニタリーショーツが可愛いのはもちろん、肌に優しいものを選ぶことが大事です。

【株式会社ふんどし部】のふんどしは、コットンやリネンといった天然素材から作られています。

リネンのサラッとした手触り、コットンの柔らかさは、ふんどしに適した素材であるといえます。また、使用するガーゼは少し厚みがあるものの、オーガニックコットン100%ですので、通気性の良さは抜群です。

その他にも、ユーカリを原料とした再生繊維とコットンを混紡した、より強度のある生地のふんどしもご用意しました。自然由来の染料を使用し、自然で柔らかい風合いの可愛いカラーを取り揃えています。肌がより敏感になる時期だからこそ、エコロジカルで肌に優しいふんどしをサニタリーショーツとしてお試しください。

お役立ちコラム

可愛い「サニタリーショーツ」をお探しなら【株式会社ふんどし部】

社名 株式会社 ふんどし部
本社 〒188-0013 東京都西東京市向台町 6-18-8
Tel 080-2117-8076(代表)
Url https://fundoshibu.com